ホーム
     
 
  ■海外物品支援活動   平成23年タイ洪水被害
㈱ナイスキャリーサービスは230万人以上に影響があったといわれ被害にあわれたタイの方々に物品を支援することを決定いたしました。  
東日本大震災で物品支援していた服が季節の変化とともに余っているという情報を耳にし宮城と岩手県の災害対策本部に協力してもらい20㌧分の古着を支援することになりました。  
その他に呼びかけによって寄せられた水500ケース、インスタント麺57ケースなど合計1184ケース、およそ140万円相当の物資が積み込み支援先のムアンラムパーン群のラムパーン県に平成23年12月29日に向かいました。  
この台風によりお困りな方の力になれるよう私たちも全力を挙げて支援してまいります。
●水500ケース、インスタント麺57ケースなど合計1184ケース、およそ140万円相当の物資支援

  ■ピアノ支援活動   平成23年台風12・15号「紀伊半島豪雨」
㈱ナイスキャリーサービスは、今回の台風被害にあったピアノを無料(東海3県)対象で処分することを決定いたしました。 家の床板を張り替える場合なども保管料無料(上限保管期間 3カ月)での一時保管も引き受けます。
この台風によりお困りな方の力になれるよう私たちも全力を挙げて支援してまいります。
【受付期間】2011年 9/14~10/31
●ピアノ引取無料●ピアノを無料で保管(上限期間あり)

  ■義援金活動   3.11東日本大震災
㈱ナイスキャリーサービスの運送を、ご利用されたお客様の作業料金から5%を義援金として、弊社が責任を持ってお客様名で災害被災地へ寄付をさせていただきます。
小さな事でも、集まれば大きな力になります。みなさまのご協力をお願いいたします。
それぞれの募金は赤十字や各都道府県が設置する災害対策本部に寄付されます。
【受付期間】2011年 3/14(月)~4/30(土)
●移動作業を行った料金 5%●ピアノを海外輸出にて還付される消費税 5%

    ■支援物資活動   3.11東日本大震災
被災地へ物資を送るお気持ちがあれば㈱ナイスキャリーサービスが必ず被災地へお届けします。
東日本大震災の被災地まで、二㌧トラックで水やトイレットペーパー、ティッシュ等を積み込んで支援物資をピストン輸送しています。
現地では、物資を届けた際現地の防災センターとやりとりをし、必要な物資を聞くき、その場で会社に伝え、愛知県に戻るまでに用意してもらい、積み込むと仙台へとんぼ返りをしピストン輸送をしています。
震災発生から2週間で7往復。車中泊が中心。4回目の輸送から愛知に帰ってきたとき、毎年老人施設にカレンダーのプレゼントをともに行っているボランティア仲間から「実際に現地を見てきた感想を述べてほしい」と、名古屋市内のNPOや大学サークルのメンバーら40人が集まる勉強会での講演を頼まれた。また、社長の思いに共感した講演会の出席者一人を被災地まで乗せて被災地へ。4月から、同じピアノ輸送の仲間で九州から関東まで荷物を載せ替えながら走る、タスキリレー体制も整いスムーズに物資を輸送しています。
 また、娘が通う幼稚園の父母会に呼びかけて集めた絵本やクレヨンが段ボール50箱分、さらに中国の友人から届けられたマスク100万枚を2㌧トラックに積み込み、そのどれもが被災者への励ましのメッセージ入りです。物資だけでなく送り主の思いも乗せて、支援物資を被災地に向け輸送しています。

   ■養護福祉施設へのカレンダー寄贈
何かボランティアで自分にも出来ることがあるのではと思い、平成17年に名古屋青年会議所へ入所。
名古屋市議会館を訪れ議員を通じ福祉課長と面談。早々に名古屋市の各施設にアンケートで調査をおこないました。
施設の老朽化や介護車など費用のかかる要望が多く断念しかけましたが、アンケートの中に、「カレンダーが不足している」という一文をみつけました。
詳しく事情を聞いてみたところ、名古屋市内で最多部屋数(120室)を保有する施設(寿楽荘)で各部屋に貼るカレンダーがなく、毎年困っているとの事でした。
公共施設で、また入所者が高齢と言う事も相まって、法律の壁が立ちはだかりましたが、知人の助けもあり、ひとつ々クリアし、その年の暮れから毎年暮れに寿楽荘へカレンダーを届けています。
地味ではありますが、今日まで続けてきたことで、作業服を販売している株式会社扶双様から応援をいただいたりと、共感し、共に活動していただける企業様も少しずつではありますが、増えつつあります。
お金を掛けずとも、本当に喜ばれることはあると信じ、今後も続けていく所存です。 

     ■幼稚園での電子ピアノバザー
弊社で買取ったり、引取ってきた電子ピアノやエレクトーンを近隣の幼稚園でバザーをおこなっています。
ピアノの習い始めは、3~5歳からが最も多いと云われています。始めてから1~2年で辞めるお子様もいれば中学生まで弾く子供様もいます。また、大人になっても弾き続けている方もいます。しかし、大抵が幼少のころに飽きてしまうお子様が大半です。
お子様が「ピアノを弾きたい」と言えば、弾かせてあげたいのが親として当然の気持ちです。しかし、いざ、ピアノを購入するにも、新品で100万円前後、中古でも20~50万円は下らない高価なものです。
指の力がまだ弱い幼児であればピアノよりも電子ピアノやエレクトーンといった鍵盤楽器の方が無理なく弾け、場所もとらないという利点があり、基礎は十分学べるので小学生になってから、ピアノを購入しても、遅くはありません。
そこで、寄付では法律上問題があるので、バザーという方法で、春日井市の味美幼稚園に平成21年から年に2回開催しています。
     
     
 
     
     
     
    | HOME | PRIVACY POLICY | SITE MAP | NICE CARRY SERVICE【Piano】 |   (C) Nice Carry Service Co., Ltd. 2005. All rights reserved.